お腹周りの贅肉撃退!

25歳を超えてからお腹周りに贅肉がつくようになりました。
わたしはデスクワークのため基本的に代謝が悪いのが原因だと思いますが、これが一度つくとなかなか取れないんです(泣)
それどころかどんどん脂肪が増えていき、ベルトか?!ってぐらいに掴めるまでに育ってしまいました…。

とくに女性は、ホルモンバランスの変化で、贅肉がつきやすくなるんですね。油断してはいけません。
夏も近づいてきたことで、本格的にダイエットを始めようと決心しました。

まずはフラフープを購入!フラフープ運動は、全身を使って行なう有酸素運動で、10分間やるとなんと100カロリーも消費するそうです。
更にインナーマッスルも鍛えられ、痩せ体質になるとのこと。
最初はぜんぜん上手く回せず、すぐに落ちてしまいましたが、コツを掴むと長い時間回せるようになりました。

自然とお腹に力が入るので、普段使えていない腹筋がよく使えていい運動です。
室内でできるのでテレビを見ながらやっています。
夏までにクビレを作るぞ!

出産後のお腹まわり

もともとスリムなほうではあるのですが、出産を3回も経験すると、おなかまわりのお肉がひどいことになっています。

とりあえず、つまめます。
そしてびよ~んと伸びます。
そりゃ、赤ちゃんが3回も入っていておなかが大きくなってきたので、皮が伸びてしまうのは仕方が無いとは思うのです。

が・・・腹筋をしてもあまり効果がなく、ズボンをはいていると、おなかのお肉が乗ってしまっているのです。
はあ・・・。どうやったら引き締まるんでしょうね。

体重を見ている限りでは、太っているほうではなく、どちらかと言うとやせ気味なのですが、ぜい肉は、ね。
洋服を着ている分には、あまりわからないのですが、「脱いだら私すごいんです」とまさに、一昔前にあったCMのように無駄なぜい肉があるんです。

もう、誰かと恋愛することもないので、よそ様に見せることは無いとはいえ、やっぱり薄着の季節になるとウエストのラインは気になりますね。
おなかのお肉、皮のたるみ。ぜひとも解消したいです!!

太ったなと感じるのはいつもお腹まわりから

毎日何も考えずに好きな物を好きなだけ食べて、運動もせずにいたら太りますよね。
これくらいなら大丈夫と思っていたら、何だかお腹まわりに違和感を感じ出したのです。

椅子に座っても正座しても、着ているパンツやスカートのウェストにお腹のお肉が乗っている気がしてします。
手でそのお肉がつまめると言うのは、かなり太ったのではないかと怖くなりました。

恐る恐る体重計に乗って見たら、やはり5キロ太っていたのです。
これはさすがにダイエットをしなくちゃなあと考えているのですが、どうして太るとすぐお腹周りにお肉がつくのかな。

今の状態では、お腹周りを隠したものを着なければ恥ずかしいくらいになってしまい、何とか元に戻さなくちゃいけません。
若い時はちょっと運動したり、食事制限をしたらわりと簡単に痩せることが出来ましたが、歳と共に簡単に痩せることは難しいと思います。

ましてお腹まわりのお肉は、ついてもなかなか元に戻らない気がするので余計何とかしたくなりますよね。
健康診断でもメタボリック症候群の判断として、ウェスト計測はするから肥満の基準はお腹まわりということなのでしょう。

このままだったら洋服のサイズアップなんてことになったら大変なので、お腹周りのお肉を何とか減らしたいです。
なので、最近流行の酵素置き換えダイエットをしてみることにしました。
これだけで痩せるかどうかは分からないのですが、朝食を酵素ドリンクに置き換えて一日のカロリーをまずは減らしてみようと。
プラスちょっと運動も組み合わせて、なんとかこのお腹まわりをなんとかしようと思っています。
酵素置き換えダイエット

お腹の肉がバロメーター

40代になってから万年ダイエッターとなりつつあるのですが、やはり体重の増減を一番実感する場所がお腹まわりの肉です。
だいたいつまんでみて簡単にたくさんのお腹まわりの肉をつかめたり、体をねじった時にお腹まわりの肉の厚みを感じたりした時、体重計に乗ってみると案の定1キロから2キロ増量しています。

そんな場合は早急にダイエットスタートすべしというサインが出ている証拠です。
1キロ2キロのうちなら数日頑張れば元に戻すことができるので、傷は浅いうちに対処することができます。
体重が戻るとお腹まわりの肉の存在をあまり感じなくなるので、これもダイエット成功のサインと言えるでしょう。

このように、お腹まわりの肉は一番敏感に体重の増減を教えてくれる大切な存在と言えます。食事制限や運動などの頑張りにちゃんと応えてくれる存在とも言えます。
お腹まわりがスッキリすると気分も上がるので、ダイエット中はお腹まわりに注意しながら続けることにしています。

ぽっこりお腹解消

お腹周りのお肉で悩んでいる女性って多いのではないでしょうか。
痩せているのになぜかお腹周りだけぽっちゃりしているという人もいますよね。
お腹は脂肪のつきやすい部分ではありますが、脂肪を落としやすい部分でもあります。
また痩せた時に「あれ?痩せた?」と実感しやすい部分でもあるんですよね。

お腹周りのお肉を落とすにはエクササイズやウォーキングをすることが一番の近道です。
時間がある人にはウォーキングをおすすめしたいです。
ウォーキングはお腹を引き締めるだけでなく、腸も動かすので便秘解消にもいいですし、歩くことは健康にもいいからです。

お仕事や育児などでウォーキングする時間がないという人にはどこでもいつでも簡単にできるエクササイズをおすすめします。
デスクワークの人は座ったまま両足を少し浮かしたり、浮かした足を上げたり下げたりするとお腹の筋肉が鍛えられます。

また自宅でもソファーに座りながら両足を揃えて上げ下げするのもいいです。
家事をしながら腰を回したり前後左右に動かすエクササイズもおすすめですよ。

食事制限だけでは落とせなかった

夏が近づいてくると薄着になってくるので、どうしてもお腹周りがポコンとなっているのが隠し辛くなってきて、嫌な季節になってしまいます。
最近、母からデブとかお腹が出ているよ、とか嫌味を言われまくっているので、痩せたいなと思う気持ちはあるのですが、なかなか行動に移せたりできないのです。

一時期ダイエットを決心して、10キロ近く痩せたことがあります。
1人暮らしを始めてから、コンビニ弁当に頼る生活を続けてしまったため、高校生の頃くらいは食べても太らない体質なのかなと思ってしまうくらいやせ気味だったのに、社会人になって一気に太ってしまいました。

これはマズイと思って、できるだけ食べる量を減らして、運動はしていなかったけど、それでも痩せることはできました。
でも、お腹の肉は全部落ちることはなく、最近はまたついてきてしまったような…

お腹周りの肉を落とすには、やっぱり運動するしかないのでしょうか。
ランニングとかの運動は苦手ですけど、エアロバイクとか買ってきてこぐしかないのかな、もう少し運動するように頑張ってみます。

お腹まわりのお肉を意識してのランニング

私は最近は年齢の影響からか体型を気にするようになりました。
職場でも体を動かす機会はありませんので、出来る限り休日などは運動をするように心がけています。

そこでも一番気にしている部分はお腹まわりのお肉です。
少し油断をするとすぐに脂肪が付きやすいですし、中年太りの代名詞でもあるように感じます。

普段からランニングをして、有酸素運動で体内の脂肪を消化するように心がけています。
ランニングをする際には出来るだけ多くの汗を流すことと、ゆっくり長距離を走ることに重点を置いているのですが、最近はお腹周りの脂肪を意識していますので、出来るだけ大きく腕を振って、腰を動かすようにしています。

本当のところを言えば腹筋などをするのが良いのでしょうが、ランニングのついでに脂肪を減らしたいと考えていますので、腰を動かすことでお腹の脂肪を消化するようにしてます。
有酸素運動の場合はすぐに効果が現れるものではありませんので、痩せたと実感するまでに時間はかかりますが、おそらく数ヵ月後には意識していたお腹周りにも変化は現れるように思っています。

がっしり掴めるお腹まわりのお肉

太ったなあと思うと、大抵お腹まわりが一番タプタプしています。
若いころはお腹まわりのお肉がちょっと気になると、食事制限及びエクササイズでスッキリ改善できていましたが、今は頑張って食事制限しても痩せないしエクササイズをしてもお肉はしっかり巻き付いているままなのです。

たぶん、さらに気合を入れないともうお肉は減らないのだと思います。
年だから仕方ないよね、と自分で諦めてしまっているので、お腹まわりのお肉はさらに増加していくことでしょう。
気にはなるけれど、お腹まわりを隠すことができる服を着ればいいし、もう水着を着ることもないと思うので努力はしないことにしました。

しかし、お風呂上りに鏡に映る自分のお腹を見てしまうと、鏡餅みたいな状態の段々になった贅肉にため息が出てしまいます。
がっしり掴んで「ああ」と思いだしたのは、先日スーパーで特売になっていた豚バラ肉のブロックです。
確か1パック700グラムから800グラムでしたが、あれが何パック私のお腹に巻き付いているのか、想像しようとしたけど止めました。

浮き輪をつけているような腹

子どもを出産してからというもの身体の肉の付き方が明らかに、生む以前とは変わりました。
具体的に言えば、とにかくお腹周りにぜい肉がつくようになったのです。

出産以前と体重自体は変わらないもののなぜだかお腹周りには、「肉の浮き輪」でも付けているかのように、でっぷりどっしりとぜい肉がついているのです。
しかも、多少のダイエットではとれてくれない!ダイエットによって、体重が減っても、お腹周りのぜい肉は、どうしてか健在なのですよね。

ですから、テレビを見ながらもそうですが、入浴中にもついついつまんでしまいます。
そのぐらい貫禄のあるお肉がまとわりついているのですよね。
一時期、腹筋運動をおこなってはみたのですが、若い頃よりも、努力した分の結果がついてこないのです…。
ですから、結構な短期間でやめてしまいました。

脚の太さは見た目的には、あまり変わらないもののこのお腹周りのお肉だけは、どうにもアップしたままなのですよね…。

お腹・腰まわりの贅肉とウォーキングの効果

最近は仕事が忙しくて晩御飯を食べる時間が22時を過ぎてしまったりして体重が増加傾向にあり何だか太ってきてしまった。
特にお腹まわりの贅肉が憎たらしい…。
その内、今履いているジーンズもキツクなるんだろうなと思って着替えをしている時にふと思った。
「このジーンズっていつ買ったっけ?」と。

たしか2年前にダイエットで食事制限+ウォーキングを半年程度続けていた時に当時はいていたズボンが大きくなったから喜んで買ったジーンズだったと思い出した。
今もまだはける…ということはウエストサイズは変化がない!?と気づいてしまった。
今までの食事制限だけのダイエットの場合、体重は落ちるけれど体重が戻ればサイズも戻っていた。

今も体重は確かに戻ってきているし顔も丸くなっている気がするしシャツとか小さくなってるし…と思うけどジーンズだけはキツクなく今まで通りはけている。
ウォーキングの効果!?と思ったけれど実際は不明。
もしかしたら単純にジーンズの生地が伸びているだけかもしれないし…。

気になってジーンズを買った頃でも窮屈でパツンパツンになってしまったスーツのパンツを思い出しはいてみた。
お腹まわりのサイズ変化があればパツンパツンどころか太ももあたりで止まるかウエストが締まらないだろうと。

おそるおそる足を通すと、あの時と同じようにパツンパツンだけでウエストが止まった!(パツンパツンだけど!笑)

ということは、ダイエットしてた時に落ちた贅肉が戻っていないという事か。
それともこれから徐々に戻ってくるのか。

何にせよ、まだジーンズはけるのウォーキングのおかげだとは思うのでまたウォーキング再開しようかな、と思いつつ、ものぐさなので出来るかな。