お腹・腰まわりの贅肉とウォーキングの効果

最近は仕事が忙しくて晩御飯を食べる時間が22時を過ぎてしまったりして体重が増加傾向にあり何だか太ってきてしまった。
特にお腹まわりの贅肉が憎たらしい…。
その内、今履いているジーンズもキツクなるんだろうなと思って着替えをしている時にふと思った。
「このジーンズっていつ買ったっけ?」と。

たしか2年前にダイエットで食事制限+ウォーキングを半年程度続けていた時に当時はいていたズボンが大きくなったから喜んで買ったジーンズだったと思い出した。
今もまだはける…ということはウエストサイズは変化がない!?と気づいてしまった。
今までの食事制限だけのダイエットの場合、体重は落ちるけれど体重が戻ればサイズも戻っていた。

今も体重は確かに戻ってきているし顔も丸くなっている気がするしシャツとか小さくなってるし…と思うけどジーンズだけはキツクなく今まで通りはけている。
ウォーキングの効果!?と思ったけれど実際は不明。
もしかしたら単純にジーンズの生地が伸びているだけかもしれないし…。

気になってジーンズを買った頃でも窮屈でパツンパツンになってしまったスーツのパンツを思い出しはいてみた。
お腹まわりのサイズ変化があればパツンパツンどころか太ももあたりで止まるかウエストが締まらないだろうと。

おそるおそる足を通すと、あの時と同じようにパツンパツンだけでウエストが止まった!(パツンパツンだけど!笑)

ということは、ダイエットしてた時に落ちた贅肉が戻っていないという事か。
それともこれから徐々に戻ってくるのか。

何にせよ、まだジーンズはけるのウォーキングのおかげだとは思うのでまたウォーキング再開しようかな、と思いつつ、ものぐさなので出来るかな。

お腹・腰まわりの贅肉とウォーキングの効果 はコメントを受け付けていません。 日記